ソロモン諸島 地震

日本時間の13日夜に起きた南太平洋のソロモン諸島付近を震源とするマグニチュード7.4の地震で、ハワイにある太平洋津波警報センターは、ソロモン諸島などに出していた津波への警戒の呼びかけをすべて解除しました。

 

アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の13日午後9時36分ごろ、ソロモン諸島付近を震源とする大きな地震があり、震源の深さは35キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.4と推定されています。

ハワイにある太平洋津波警報センターは、ソロモン諸島のほか、バヌアツやパプアニューギニアに津波への警戒を呼びかけていましたが、日本時間の13日夜のうちにすべて解除しました。

太平洋津波警報センターによりますと、この地震でニューカレドニアのリフで16センチの津波が観測されたほか、ソロモン諸島のラタで3センチの潮位の変化を観測したということです。

ソロモン諸島付近では、日本時間の13日午前5時すぎにもマグニチュード7.6の地震が起きていて、アメリカの地質調査所は、今回の地震は余震とみられるとしています。

ソロモン諸島の首都ホニアラにある日本大使館によりますと、ソロモン諸島にはJICA=国際協力機構の関係者など80人の日本人が滞在しているということですが、これまでのところ日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。

 

new balance usa リーガル air jordan 5 adidas online onitsuka デッキシューズ prada 公式 supreme 通販 vans skate colehaan アドミラル supra vaider minetonka