ツラゲ 意味

阪神・新井貴浩の放つ併殺打のこと。辛いとゲッツーの合成語。

新井はその生真面目すぎる性格ゆえか、チャンスでしばしばゲッツーマシンと化してしまう。

また広い甲子園をホームに持つ阪神に移籍してきて、

広島時代の本塁打・長打狙いの振り回すバッティングから

打率重視の当てにいくバッティングに変えているのも併殺打が多い原因だと考えられる。

これが多いせいで新井はとらせん住民からの信頼は得られておらず「頼りない四番」とまで呼ばれるほど。

また2011年に弟・新井良太が阪神に移籍してきて以降は弟の併殺打を「続・ツラゲ」

「ニューツラゲ」「ネオツラゲ」「ツラゲ改」「新ツラゲ」「ツラゲジュニア」「量産型ツラゲ」、兄の併殺打を

「ツルーツラゲ」「真ツラゲ」「本家ツラゲ」「元祖ツラゲ」などと呼ぶ表現法も発生している。

 

象徴的だったのが2011年8月28日の対ヤクルト戦の3回、一死二・三塁での新井の打席。

「さすがに二・三塁なら併殺はないだろう」。そう思われた矢先に新井はショートゴロを打ち、

三本間に三塁ランナー平野が挟まれ挟殺プレーで刺される間に二塁へ突進し、

自分もタッチアウトになってしまった。

 

時計 アニエスベー 時計 セイコー ハミルトン スイス 時計 アニエスベー 時計 angel heart 時計 citizen 腕時計 iwc 時計 noon 時計 ロレックス nixon