今市事件

栃木小1女児殺害事件(とちぎしょういちじょじさつがいじけん)は、2005年12月に、栃木県今市市(現:日光市)に住む7歳の小学1年生の女児が行方不明となり、茨城県常陸大宮市の山林で刺殺体となって発見された事件。容疑者は逮捕されておらず、2014年4月現在も未解決となっている。

 

捜索状況[編集]

2005年12月1日

栃木県今市市(現:日光市)の大沢小学校に通う小学1年生の女児が、下校途中に行方不明となった。

家族が駐在所に捜索願を提出した。捜索が開始されたが、発見に至らなかった。

12月2日

栃木県警が、公開捜査を開始。

自宅から60kmも離れた茨城県常陸大宮市の山林で、遺体が発見される。遺棄現場周辺は人通りが少なく、人目につかない場所であった。

死体発見以降

胸を数カ所刺されていたことなどから、栃木県警は殺人と断定、県境を跨いだことから茨城県警との合同捜査本部が設置され、捜査が開始された。

女児のランドセルや衣服などの遺留品が見当たらず、捜索が行われたが、見つかったという報道はない。

連れ去り現場・遺体遺棄現場周辺などでの聞き込みや、学校からの情報提供で、多くの不審者情報が寄せられたものの、有力な情報には乏しい。

今市市から常陸大宮市へ至るルートにあたる国道293号や国道123号、日光宇都宮道路では、検問やコンビニエンスストア・インターチェンジの料金所の防犯カメラ・監視カメラの映像チェックなども行われたが、それらしい人物や車は撮影されていなかった。

両県警は、フリーダイヤルを設置し、電話での情報提供を呼びかけている。また、配布されたポスター・チラシは両県内はじめ、多くの駅やショッピングセンターなどに貼られている。宇都宮駅や水戸駅では巨大モニターでも情報提供を求めている。2006年8月1日より、犯人逮捕に結びつく情報に対し、200万円の懸賞金がかけられている。現在は特大のポスターはないものの女児のコラージュ写真は初代を除いて現在まで続いている。加えて犯人像が特定できない点や女児の遺留品が見つからない点から当時の服装をした女児の等身大パネルが日光市や常陸大宮市などの交番で多く見られる(パネルは指名手配者や加害者、行方不明者の捜索で使われることはあるが、すでに遺体が発見されている被害者を模することはまれである)。

 

吉田カバン リー converse addict nike plus プーマ リーボック colehaan 靴 メンズ redwing thrasher ホーキンス innovator adidas originals