クイニーアマン

クイニーアマン(ブレイス語:kouign amann, 発音 [,kwiɲaˈmɑ̃nː])とは、フランスのブルターニュ地方における伝統的な洋菓子の一種である。フィニステール県ドゥアルヌネ(fr)の名物で、イヴ=ルネ・スコルディア(Yves-René Scordia)というパン職人によって1860年頃に創出された[1]。名称はブレイス語で「バター(amann)の菓子(kouign)」という意味。

作り手によって差はあるものの、一般的に外側は固めの食感で香ばしく、内側は甘味だけでなく塩気も感じられるものが多い。フランスではブルターニュ産の塩バターを用いる。

日本では、洋菓子店の他にパン屋でもしばしば菓子パンの一種として売られている。

new balance usa リーガル air jordan 5 adidas online onitsuka デッキシューズ prada 公式 supreme 通販 vans skate colehaan アドミラル supra vaider minetonka