あけぼの第二クリニック

人工透析中の患者の医療用チューブを抜き、殺害しようとしたとして警視庁町田署は12日、殺人未遂の疑いで東京都町田市の「医療法人社団三友会あけぼの第二クリニック」所長で、内科医・橋爪健次郎容疑者(49)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は11日午後8時20分ごろ、クリニックで、人工透析中の50代の男性患者が使用していた透析用監視装置のチューブを引き抜いた疑い。

 同署によると、橋爪容疑者は「仕事を終えていったん帰宅しようとしたが、誰かを殺そうと思い、クリニックに戻った。患者が病室の出入り口付近にいたため、狙った」と無差別だった趣旨の供述。動機については「誰でもよかった。人を殺して捕まって、死刑になりたかった」とし、「半年前から仕事が手につかず、不眠が続き、薬を飲んでいた」と話しているという。

 患者がチューブが抜けていることに気付いたが、その行為自体は目撃していない。チューブ内の血液が飛び散り、橋爪容疑者の着衣にも付着したとみられる。すぐにその場を立ち去り、病院から車で町田署に向かい、「人を刺した」と自首した。同署は詳しい動機の解明を進める。

 クリニックでは2010年6月、人工透析を受けていた女性患者のチューブが抜ける死亡事故が発生。病院の事故報告書によると、女性は何らかの原因で針が抜けショック状態となり、約1リットル出血して死亡した。警視庁は今年2月、業務上過失致死容疑で看護師を書類送検。橋爪容疑者はこの時、女性の死亡を確認をしていた。

angel heart agnesb ブルガリ avalanches brightling 時計 レディース vestal seiko 腕時計 フォリフォリ カシオ 腕時計 nooka フォッシル disel ドルチェ&ガッバーナ lip