ファビアン・カンチェラーラ

ファビアン・カンチェッラーラ(Fabian Cancellara、1981年3月18日 - )はスイス・ベルン出身のプロ自転車ロードレース選手。自転車競技関連Webなど、広くはファビアン・カンチェラーラと表記されることが多い。朝日新聞ではカンセララと表記される[1]。2001年にマペイ・クイックステップでプロデビュー。
一定距離を単独走行してタイムを競うタイムトライアル競技では「異次元」としばしば形容される[2][3] 圧倒的な強さを発揮し、ツール・ド・フランスでのステージ優勝や2006年~2007年と2009年~2010年の世界選手権個人タイムトライアルを2度の2連覇などを達成しているタイムトライアルスペシャリスト。

ファッサボルトロ時代[編集]
1998年・1999年世界選手権ジュニア・タイムトライアル2連覇、2000年世界選手権U-23・タイムトライアル2位の実績を引っさげて2001年にプロ転向。翌2002年にはスイス選手権のタイムトライアルで優勝する。
ファッサボルトロに移籍してからは、アレサンドロ・ペタッキのアシストとして注目を浴びるとともに、自身も2003年にツール・ド・ロマンディやツール・ド・スイスのプロローグを制するなどタイムトライアルの実力に磨きをかけていく。
2004年は再びスイス選手権のタイムトライアルで優勝したほか、ツール・ド・フランスプロローグの個人タイムトライアルでランス・アームストロングに2秒差をつけて勝利。グランツールでも初のステージ優勝を果たす。
2005年は、スイス選手権のタイムトライアルを連覇したほか、世界選手権の個人タイムトライアルでも3位に入った。

avirex celine online shop franck muller gsx-r750 アイスウォッチ エドハーディー charles vogele j.springs mark jacobs moog prodigy swach dt swiss vagary 時計 レディース ジーショック