レジオネラ菌

埼玉県北本市の温泉施設「北本温泉 湯楽(ゆら)の里」を利用した県内の60~83歳の男性3人がレジオネラ菌に感染し、66歳の男性が亡くなっていたことがわかった。県は14日、経営する「サンフジ企画」(東京都渋谷区)に安全が確認できるまで営業停止を命じた。

 

 発表によると、3人は別々に5月18~21日に入浴し、後日、発熱などの症状が出た。66歳の男性は肺炎を起こし、今月3日に死亡した。県の検査で、男性のたんや、施設の浴槽から基準を超えるレジオネラ菌が検出された。県は「レジオネラ菌が原因で死亡した可能性は否定できない」としている。

 

 同社ホームページによると、関東地方の1都6県で19の温泉施設を経営する。「原因究明を急ぎ、今まで以上の管理態勢を整える」と説明している。

 

avirex celine online shop franck muller gsx-r750 アイスウォッチ エドハーディー charles vogele j.springs mark jacobs moog prodigy swach dt swiss vagary 時計 レディース ジーショック