トーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー(Thomas Müller, 1989年9月13日 - )は、ドイツ・ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン出身のサッカー選手。現在はドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属。ポジションはMFもしくはFWである。同姓のゲルト・ミュラーの後継者といわれる。なお、彼の父の名はゲルト・ミュラーと同姓同名である。

クラブ[編集]TSVペールでプレーしていたが、10歳だった2000年にバイエルン・ミュンヘンの下部組織に移った[1]。2007年にはU-19世代の全国リーグ戦で準優勝し[1]、2008年3月にレギオナルリーガ(4部)のSpVggウンターハヒンク戦でリザーブチームデビューして初得点も決めた。2007-08シーズンはリザーブチームでもう2試合に出場し、引き続きU-19チームでもプレーしていた。2008年夏のプレシーズンにはトップチームに同行し、8月15日のハンブルガーSV戦でトップチームデビューした。
 
2008-09シーズンは新設されたドリッテリーガ(3部)でリザーブチームのキープレーヤーとなり、38試合のうち32試合に出場し、15得点を決めて得点ランク5位につけた。トップチームではこのシーズンに4試合に出場し、2009年3月10日のスポルティング・リスボン戦でUEFAチャンピオンズリーグデビューも果たしている[2]。2009年2月、リザーブチームのDFホルガー・バトシュトゥバーとともにプロ契約を交わし、2009-10シーズンのトップチーム昇格を決めた[3]。同年には恋人と結婚し、20歳にして既婚者となった。
 

2009年夏にルイス・ファン・ハール監督が就任し、シーズン開幕前のアウディカップでACミラン戦などで得点を決める活躍を見せると、そのまま好調をシーズンでも維持した。9月12日のボルシア・ドルトムント戦では途中出場ながら2得点を決め、3日後のUEFAチャンピオンズリーグ・マッカビ・ハイファFC戦でも2得点を挙げる活躍を見せた[4]。9月の月間最優秀選手にノミネートされ[5]、同姓の偉大な選手であるゲルト・ミュラーから称賛の言葉をもらった[6]。マッカビ・ハイファ戦以来、ほとんどの試合で先発出場し、2010年2月4日には2013年までの契約延長にサインした。シーズン後半にはしばしばセンターフォワードの位置でもプレーした。4月にはライバルのシャルケ04戦で決勝点を決め、VfLボーフム戦では初めてハットトリックを達成し、ブンデスリーガ優勝に貢献した。シーズンを通して34試合に出場し、13ゴール11アシストを決めた。DFBポカールでは大会を通じて4ゴール2アシストを決めて大会得点王となり、決勝でヴェルダー・ブレーメンに勝利して国内2冠を達成した[7] [8]。エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝でクラブ初のトレブル(3冠)に挑んだが、インテル・ミラノに0-2で敗れた。ミュラーは先発出場し、後半が始まってすぐに惜しいシュートを放ったが、GKジュリオ・セーザルに防がれた。2009-10シーズンはすべての大会を通じて52試合に出場して19得点し、キッカー誌によってシーズン最優秀若手選手に選ばれた[9]。2012年12月にバイエルンとの契約を2017年まで延長した。2012-13シーズンでは大会を通じて47試合で23得点し、バイエルン・ミュンヘンの三冠(トレブル)達成の原動力の一人として貢献した。 
 

avirex celine online shop franck muller gsx-r750 アイスウォッチ エドハーディー charles vogele j.springs mark jacobs moog prodigy swach dt swiss vagary 時計 レディース ジーショック