韓国 レーザー

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本時間の23日早朝に行われたグループリーグH組の韓国対アルジェリア戦で、アルジェリアの選手に何度もレーザーポインターが照射されていた問題の波紋が広がっている。中国・広州日報は24日、この試合の後半32分、アルジェリアのブラヒミ選手が交代のためピッチを去る際、少なくとも3回、青や緑の光線が顔や胸の部分に当てられたことを紹介したうえで、「2002年のW杯日韓大会でも、韓国がホームで行った試合で客席から相手チームの選手に対してレーザーポインターが照射されたことがあった」と補足して伝えた。

 

これに対し、中国のインターネット上では掲示板や簡易投稿サイトに多くのユーザーがぞれぞれの意見を書き込んだ。誰が照射したかは分かっていないが、「韓国サポーターの仕業」といった認識の元、反韓コメントが並んだ。

 

「韓国人よ、もう“恥知らず”とかいった言葉では君たちを形容できなくなった。負けちゃって、ざまぁみろ」

「五輪のアーチェリーでも韓国人が中国選手に光あてたよね」

 

「韓国人ってスポーツの戦いで本当に醜い」

「韓国人、やり過ぎだぞ。まあ、負けたのは気分いいが」

「ひどすぎる。光が強ければ失明することだってあるのに」

 

「これが韓国の伝統」

「韓国人にとっては普通のこと。世界で評判悪い人々」

 

「恥ずかしいねぇ。中国のリーグでもこういうのあるけど・・・」

「こういうサッカーファンは国籍問わず、徹底調査してブラックリストに載せ、チケットを売らないようにするべきだ」

 

「韓国人ってあっちこっちで恥ずかしい~~」

「レーザーポインターもヤツらの発明か」

「サッカーで負けて、人としても負けてるな」

 

angel heart agnesb ブルガリ avalanches brightling 時計 レディース vestal seiko 腕時計 フォリフォリ カシオ 腕時計 nooka フォッシル disel ドルチェ&ガッバーナ lip