指原莉乃、渡辺麻友センター曲との売上対決ムードに反論……「勝つとか負けるとかない」

「第6回AKB48選抜総選挙」で1位を勝ち取ったAKB48・渡辺麻友のセンター曲「心のプラカード」は昨年大ヒットしたHKT48・指原莉乃のセンター曲「恋するフォーチュンクッキー」の売上を超えられるのか---。注目が集まるなか、指原は24日、Twitterで自身の考えを明かした。

7日に開票が行われた「第6回AKB48選抜総選挙」では渡辺が15万9854票を獲得して、8月に発売を予定している次のシングルのセンターに決定。前回1位の指原は14万1954票で2位だった。
 
 そこでファンが注目しているのが、「心のプラカード」は「恋チュン」以上のヒットを飛ばせるのかということ。「恋チュン」は売上が累計150万枚を突破したと報じられているのに加えてダンスも流行。多くの自治体や企業がYouTubeにダンス動画を投稿した。新センター・渡辺の「心のプラカード」は前センター・指原の「恋チュン」を超えることができるのか---。総選挙は終わったが、渡辺の前には依然として壁が立ちはだかっている。
 
 一部の指原、渡辺ファンの間には緊迫したムードもただよっているが、指原は24日、「心のプラカード好き!」とあっけらかんと言い放つ。一般のTwitterユーザーが「恋チュンに勝てるかな? 俺は恋チュンの方が好きだなー」とコメントを送ってきたが、指原は、「勝つとか負けるとかないよ!」とさとす。「どっちも愛されたら素敵だね」と穏やかに語った。
 
 AKB48の37枚目のシングル「心のプラカード」は、8月27日発売予定。

 

avirex celine online shop franck muller gsx-r750 アイスウォッチ エドハーディー charles vogele j.springs mark jacobs moog prodigy swach dt swiss vagary 時計 レディース ジーショック