読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小塚嗣彦

小塚 嗣彦(こづか つぐひこ、1946年11月6日[1] - )は、日本の元フィギュアスケート選手で、1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表。 人物[編集] 愛知県出身。早稲田大学卒。父は満州国のフィギュアスケート王者であった小塚光彦。息子はバンクーバーオリンピック男子フィギュアスケート代表、2011年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦。妻はアイスダンス元国内トップクラス選手で現在はフリーコーチの小塚幸子というフィギュアスケート一家である。 嗣彦自身は父・光彦、佐藤信夫の母親、佐藤信夫から指導を受けた。 1994年、佐藤信夫の娘の佐藤有香が世界選手権(千葉市:幕張メッセ)で優勝した際には日本代表チームの監督を務めた。 指導者としては実子の崇彦、安藤美姫ら中京地区で、主にジュニア世代の育成にあたっており、また佐藤信夫・久美子夫妻との交流も深い。小塚嗣彦 2015年10月、教え子の若い女性に対して強制猥褻行為を行ったという理由で民事提訴され、司法で争っていることが報道された。小塚嗣彦 ダントン ジャケット g-star raw メンズ the smock shop ラベンハム レディース ORCIVAL デュベティカ PEUTEREY グローバーオール