読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「パークシティLALA横浜」事件の行方

コンピューターはめったにミスをしませんが、人間はやります。 100%ミスをしない人間なんて存在しません。 当たり前ですが、100%欠陥のないブランドもありません。 所詮は人間がやっていることですから。 ただ、マンション建設でミスが起こると悲劇は恐ろしい規模になります。 今日は朝から大騒ぎですね。 2007年に竣工した「パークシティLALA横浜」というマンション。 強固な地盤まで杭が届いていないから2cm傾いているという報道。 日本経済新聞には物件名まで出ていませんが、 今日の夕方になったら知れ渡るはず。 売主は三井不動産レジデンスと明豊エンタープライズ。 明豊は上場企業ですが無名。一度潰れかけています。 だから、世間的にこのマンションは「三井不動産」分譲。 法的責任は明豊と分かち合うのですが、「世間的」には。 同じように杭が基礎地盤まで達していなくて建物が傾いた マンションとしては「パークスクエア三ツ沢公園」があります。 こちらは売主の住友不動産と施工の熊谷組が 10年もウニャウニャとごまかし続けた挙句に 「動かぬ証拠」を突きつけられて降参。 結局「全面建て替え」ということになっているはずです。 しかし、この「パークシティLALA横浜」の売主である 三井不動産レジデンシャルはマンションのブランドではダントツの日本一。 最近では野村の「プラウド」のイメージ戦略に押され気味。 まあそれにしても未だに日本一であることは確か。 しかし、このブランド、よくチョンボをします。 ちょっと前なら2007年に発覚した 「I-linkタウンいちかわ ザ タワーズウエスト」。 この時は野村不動産とコンビで悪評を世間にまき散らしました。 去年の春に建築工事が一時中止になった「パークタワー新川崎」。 こちらでは、市川の件で懲りたのか、手付金倍返しの契約解除。 その後、世間に黙って販売を再開しています。 まあ、臭いものには蓋をする体質なのでしょう。 マンションを作っているのは人間ですから、ミスは起こります。 大手だって完全無欠ということはありえません。 三井、三菱、住友、野村だって、やらかすときはやらかします。 過去には、あの公団でさえ大規模にやらかしました。 「ベルコリーヌ南大沢」という多摩ニュータウンの大規模マンション。 これはもう、過去最悪の欠陥マンション事件です。 ここを「高値掴み」で買ってしまった人の多くが 人生を狂わされたようです。 公団との闘争の最中に、多くの方が寿命を迎えたといいます。 欠陥マンションを買ってしまったことによる悲劇。 こんどの「パークシティLALA横浜」は、 「ベルコリーヌ南大沢」ほどではなさそうですが、 705戸の区分所有者にとっては寝耳に水の大事件。 それも、自分には何の責任もないところで起こっています。 マンションの欠陥は、罪が深いのです。 だからこそ、マンションデベロッパーには重い責任があります。 しかし、彼らにはそれを担う責任感に欠けています。 「社会的な資産」を作っているという自覚がないのです。 どこまでも、マンションは「儲けるための手段」。 それでも、ミスは起こってしまいます。 せめて、「責任ある対応」をお願いしたいものです。 ウニャウニャごまかそうとすると、「ベルコリーヌ南大沢」 の事件のように、建設費の何倍ものコストがかかります。 ここは潔い「危機管理」が求められますね、三井さん! 気になるのは、「パークスクエア三ツ沢公園」は 非常に単純なミスだったようですが、今回は偽装。 まるでVW事件のような気配を見せています。 もしそれが本当だったら、これは犯罪ですね。 逮捕者が出ることにもなりかねません。 今後の展開に注目が集まります。 さらに先読みすれば、ここで三井不動産レジデンシャルが 相方の明豊の分まで肩代わりするくらいの誠意を見せれば 却って評判を上げる可能性があります。 「パークホームズ」ブランドは、欠陥があっても安心・・・ なんてことになります。ところが、 「I-linkタウンいちかわ」的な対応をすると そこでブランドイメージは大きく傷つきます。 なぜなら、あの時よりもネット社会は進化しています。 悪評はたちまち世間に広がるからです。 今後、注目されるのは三井の対応ですね。 資産価値レポートの更新情報です。 江戸川区と葛飾区の一部です。 デベロッパー側は値上げしたいのですが エンドユーザー側が付いてきていません。 このミスマッチ、そのうちおおごとになりそうです。 こういう実需エリアには中国人の影がほとんど見られません。 コロンビアスポーツウェア コメラリア ドミンゴ FRED PERRY ノースフェイス アウター パーリッシィ the north face リュック アビレックス schott ライダース