角替和枝

角替 和枝(つのがえ かずえ、1954年10月21日[1] - )は、日本の女優。静岡県富士市出身(庵原郡富士川町生まれ)。ノックアウト及び東京乾電池所属。 来歴・人物[編集] 静岡県立吉原高等学校卒業。内田栄一と金子正次の劇団東京ザットマンの立ち上げに参加し、芝居を始めた後[1]、つかこうへい事務所に所属し、演技の経験を積む。その後に東京乾電池に所属して現在に至る。 夫は柄本明。息子は俳優の柄本佑、柄本時生。佑の上に長女がいる。家族には、和枝ちゃんと呼ばれている[2]。 木の実ナナと仲が良い。 『コメディー道中でござる』等に出演して名脇役としての認知度を上げていく。小うるさいおばさん特有の台詞回しが特徴的で、一部の関係者からは「おばさん女優の鑑」とまで言われている。 かつてはキャラクターショーに出演し、『アルプスの少女ハイジ』ショーのペーター役が神業と評され、様々なショーにペーター役で呼ばれたと言う[1]。 コロンビアスポーツウェア コメラリア ドミンゴ FRED PERRY ノースフェイス アウター パーリッシィ the north face リュック アビレックス schott ライダース