化女沼レジャーランド

化女沼レジャーランド  遊園地をはじめ、多くの娯楽施設を擁して東北の一大観光地であった化女沼レジャーランド。 創業者である後藤氏が1979年に「化女沼保養ランド」として開業。 その後、「化女沼レジャーランド」と名を変え、21年間に亘り営業していた。 宮城県で一、二を争うレジャー施設であるため、多くの行楽客が訪れ、駐車場に入るために長い車の列が出来ていた。 それから20年が過ぎ、レジャーの多様化により国内観光自体が衰退したことや、施設に目新しさが無くなったことから客足が鈍り、2000年に閉園のやむなきに至った。 閉園から10年以上が経過しているが、ここは珍しく遊具が今も残っている。 遊園地の遊具は、中古でも比較的高値で取り引きされるため、閉園するとすぐに撤去されてしまうことが多い。 それではなぜ、ここ化女沼では遊具が廃墟の状態で残されているのか。 実際に訪れて後藤社長の熱い思いをお聞きするまで、その理由は知る由も無かった。 レディース バッグ ブランド メンズ バッグ 人気 ブランド 財布 人気 ベルト メンズ 人気 ライター スタージュエリー アイフォン ケース メンズ バッグ 人気 ヴィトン メンズ バッグ プラダメンズバッグ