読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるで漫画のよう! 日本の高校サッカーで生まれたゴールが世界中で大絶賛される

2015年におけるベストゴールではないのか。現在、そのように世界から絶賛されているゴールが話題になっている。驚くべきことにそのゴールが生まれたのは日本。しかもプロではなく、高校サッカーだ。 それは10月31日、年末の全国高校サッカー選手権大会を目指す岡山県大会決勝「玉野光南高等学校 vs 作陽高等学校の試合」でのことである。一体どのようにしてゴールが決まったのか。さっそく、動画でチェックしてみよう! ・岡山県大会決勝 両者譲らず、延長までもつれる壮絶な展開となったこの試合。1−1で迎えた延長後半にスーパーゴールは生まれた。動画では、玉野光南高等学校のゴールキックから始まる一連の流れを確認できる。玉野光南高 ・超スーパーゴール ゴールキックをヘディングで繋ぐと、一気に相手ゴール前へ攻め込む玉野光南高等学校。そしてペナルティエリア外で土居選手が、ゴールに背を向けたままトラップするのだが…… 奇跡が生まれるのはそこから。土居選手はボールを浮かせて華麗に相手をかわすと、そのまま振り向きざまにミドルシュート! なんとそのままネットを揺らしてしまったのである。 ・状況もプレーも最高級 まるで漫画のようなプレーだが、さらにスゴいのがゴールキーパーからのパスが一度も地面につくことがない上、状況が延長後半のアディショナルタイムだったということ。心技体すべてを兼ね備えていないと、まず生まれないゴールだろう。 実際にゴールを見ていただけたらそのスゴさがわかると同時に、海外で評価されているのも納得できるはず。なお、このゴールで玉野光南高等学校は2−1で勝利。全国大会出場の切符を手にしている。玉野光南高 レディース バッグ ブランド メンズ バッグ 人気 ブランド 財布 人気 ベルト メンズ 人気 ライター スタージュエリー アイフォン ケース メンズ バッグ 人気 ヴィトン メンズ バッグ プラダメンズバッグ