読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【プレミア12】小久保流サプライズ?侍ジャパン「坂本2番」

これが「小久保流サプライズ」ということか。初の国際試合「プレミア12」に参加する侍ジャパンの強化試合・プエルトリコ戦(5日・ヤフオクドーム)の先発メンバーが4日、発表された。目玉と言えるのは巨人・坂本勇人内野手(26)の2番での起用だ。小久保監督は「(坂本は)走者が一塁にいたケースで3割5分も打率がある。併殺も5つしかない。終盤競った中でならば、彼はバントもできる。明日(5日)は、これで行きます」と意図を説明した。  坂本がプロ入りから2番でスタメン出場したのは、9シーズンでわずか30試合。116打数18安打、打率は1割5分5厘で、最後に2番でスタメン出場したのは2013年9月15日の広島戦。しかし、小久保監督は昨今の坂本が勝負強い打者に成長した点を評価して超攻撃的なオーダーを組んだ。  全体練習を終えた坂本は打順について「状況に応じてやっていく。後ろにいい打者がいるし、あまり慣れていないことをやっても仕方がない。精一杯やるだけです」とコメント。やや驚いているような感じも見受けられたが、小久保監督は関係者に対して「プレミア12の秘策」について、こんなことを話したという。 「日本は優勝候補とみなされているし、相手の国も細部に至るまで必ず研究してくる。だから相手が困るような、アッと驚くようなオーダーを組んだり、采配で仕掛けたりするようなサプライズが必要だ」  小久保監督はプエルトリコとの強化試合2試合で「あらゆることを想定したテストをする」ことを示唆している。坂本の2番起用以外にも相手を驚かせる独自の色を出すかもしれない。 レディース バッグ ブランド メンズ バッグ 人気 ブランド 財布 人気 ベルト メンズ 人気 ライター スタージュエリー アイフォン ケース メンズ バッグ 人気 ヴィトン メンズ バッグ プラダメンズバッグ