読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GP復帰戦Vの浅田真央「悔いが残る」もファイナルへ手応え

「フィギュアスケート・GPシリーズ第3戦・中国杯」(7日、北京)  女子フリーが行われ、1年間の休養を経て、これがグランプリ(GP)シリーズ復帰戦となった元世界女王の浅田真央(25)=中京大=は125・75点をマーク。6日に行われたショートプログラム(SP)と合わせ合計197・48点でGP復帰戦を優勝で飾った。2位には195・76をマークした本郷理華(19)=邦和スポーツランド=が入った。  最終滑走者として、少し緊張した面持ちでリンクに登場した大きく息を吐きながら滑走を開始。冒頭のトリプルアクセルは完璧に決め、会場を沸かせた。だが続く連続3回転で転倒し、次の3回転ルッツは2回転となってしまった。  卓越した表現力ではライバルを圧倒したが、後半のジャンプでも回転が抜ける場面があり、フリーの得点は3位に終わった。終演後は唇をかむ場面もあり、キスアンドクライで優勝を告げられた瞬間も、表情は堅いまま。最後にようやく、佐藤コーチと顔を見合わせて笑顔を見せた。  フリーで1位となる129・97点をマークした19歳・本郷の猛追を受けたが、SPのリードを守り切って、2季ぶりの復帰戦を飾った。以下は浅田の一問一答。  -おめでとうございます。  「ありがとうございます」  -戻って来たGPシリーズでいきなりの優勝。  「う~ん、結果は結果として(GP)ファイナルにつながったので良かったと思うんですけど、自分の演技はフリーもショートも、(成功したトリプル)アクセルだけではないではないので。まだまだ自分にとって、やらなきゃいけないことがあるなと思いました」  -フリーの演技を終えての思いは。  「う~ん…。やっぱり(フリーは)まだ満足できてない部分がたくさんあるなとという、ちょっと悔いが残る演技だったと思います」  -久しぶりの緊張感もあったかと。  「そうですね。ショートの前には、ああ、グランプリシリーズの緊張感なのかなと思ったんですけど、集中すればそれもなくなったんですけど…。今日はアクセルではない部分をミスしてしまったので、まだまだかなと思います」 レディース バッグ ブランド メンズ バッグ 人気 ブランド 財布 人気 ベルト メンズ 人気 ライター スタージュエリー アイフォン ケース メンズ バッグ 人気 ヴィトン メンズ バッグ プラダメンズバッグ