演技光る 吉川晃司の新境地と芸能界最強伝説

高視聴率を続ける連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系)で、「渋カッコイイ」と高評価を受けている俳優・吉川晃司(50)。阿部寛演じる下町の町工場社長と敵対する巨大企業の部長役を熱演、同局連続ドラマは初出演だ。  2年前の高視聴率ドラマ「半沢直樹」と同一スタッフによる作品のキーパーソンになる。オールバックの銀髪にスーツをビシッと着こなしたエリート部長。緩急自在の達者な悪役ぶりが光る。 「いい芝居してますね。キャスティングでは阿部、杉良太郎に次ぐ3番手。重要な役どころをきっちりこなしてみせた。1話では町工場の社長だった父親と阿部をオーバーラップさせ、阿部とその会社を全否定するシーンの連続だったが、3話では夢を追いかける阿部の情熱と彼を支える社員の熱い思いにふれ、思わず会社に背く決断をしてしまう難しいシーンを演じた。圧倒的な存在感と長い人生経験に裏打ちされた演技力を駆使、阿部の熱血演技と堂々わたりあっていた。脱帽ものです」(テレビ雑誌記者)  広島の進学高校を中退して上京。1984年、デビュー映画で初主演作の「すかんぴんウォーク」で「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。自身の歌う主題歌「モニカ」が大ヒットした。 「高校時代は世界ジュニア水球選手権大会日本代表選手に選ばれたスポーツマン。だが、反骨精神が強く、型にはめられるのを毛嫌いした。つっぱったあげくについたのが、反逆のアイドル、孤高のロッカーの呼び名。若いころはムチャばかり。酒にめっぽう強く、ケンカっ早かったため、芸能界ケンカ最強伝説が飛び出すほど恐れられた。事務所の尽力で、歌手と俳優同時デビューしたが、本人は歌手が本業、俳優は余芸の位置づけだった」(芸能ライター)  転機は、6年前の大河ドラマ「天地人」の織田信長役抜擢。女性ファンからの問い合わせが殺到、新境地開拓となった。その後は特撮ヒーローものから時代劇まで精力的にこなした。2年前の大河ドラマ「八重の桜」では西郷隆盛役を好演し、演技派のイメージをよりいっそう印象づけた。 「個人事務所をおこして自ら切り盛りするなど、世間の荒波に揉まれてから、随分円くなった。女優の石原真理子、天海祐希らと熱愛も、結婚しないロッカーを標榜。だが、東日本大震災後にボランティア活動に参加し、家族の大切さを痛感。2年間秘密にしていた妻子を公表、入籍している。今や6歳の愛娘にメロメロのあま~いパパに」(女性誌記者)  板前の父親に料理を仕込まれた。築地で魚を買い出し、マイ包丁で魚をさばいて調理するプロ級の腕だ。来年1月には、映画「さらば あぶない刑事」の公開、3月からはNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」の放送が控えている。自他共に認める中国史オタク。芸能界一の蔵書と知識を誇る「三国志」マニア。  65歳で引退、中国史本執筆が夢だが、円熟味の増した演技の再評価で、楽隠居は当分、先だ。 レディース バッグ ブランド メンズ バッグ 人気 ブランド 財布 人気 ベルト メンズ 人気 ライター スタージュエリー アイフォン ケース メンズ バッグ 人気 ヴィトン メンズ バッグ プラダメンズバッグ