高部あい逮捕で囁かれる「芸能人コカインパーティ」の内実

アイドルで女優の高部あい容疑者(27)が都内の自宅マンションでコカインを所持していたとして、麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕。その後、同法違反(使用)容疑で再逮捕された。  平成16年度の「国民的美少女コンテスト」ではグラビア賞を受賞。清純派のイメージも強かった彼女だけに関係者、ファンの動揺は大きいが、「高部さんに限らず、アイドル、モデルのコカイン汚染は凄まじい勢いで広がっている」と語るのは、某グラビア誌編集者のX氏(41歳)。 「六本木、西麻布界隈にあるサパークラブには、女優、モデルが関係者と立ち寄ることが多いのですが、そうしたお店の一部はオーナーとプッシャー(売人)が繋がっていて、要望があればすぐ店に持って来れるシステムになっています。たとえば某モデルと不動産社長が飲みに来て、社長が『今日は、あるの?』と聞きます。『ちょっと聞いてみますね~』とオーナーがフランクに対応して、その日の客の入りによってですが、すぐにクローズドの状態にしてパーティの始まりです。結局、店のオーナーが一番好き者なんですよね」  ボックス席に店内に飾られているガラス貼りの額縁などを広げ、その上に3~4グラムのコカインが開けられる。オーナーは、老舗料亭の板前のような手慣れた手つきでラインを引き、一人ずつにストローが手渡されるという。 「5、6人が車座になって。2時間程度で平らげます。無くなりそうになると、すぐにおかわりを手配して、新しいブツが開けられるのです。『味を比べてみるか』などとワイワイやってますよ。ニタニタしているヤツもいれば、延々、外車のカタログを見てるヤツまでいろいろですね」  時間は短いながらも、強い多幸感に包まれるというコカイン。麻薬のなかでは“セレブ御用達”のアイテムともいわれ、何やら卑猥な乱痴気騒ぎを想像してしまうが……。 「いや、実際にはビジネスの話がほとんどです。5、6人の内訳はたいてい【実業家2人、タレント2人、カメラマン・スタイリストなどのスタッフ2人】ってイメージです。太い金主を捕まえて店の開業資金や個展を開くパトロンをゲットしたいタレント。専属スタイリストなどの仕事をゲットしたいスタッフ――など、皆の思惑が入り乱れるわけです。ハッピーなポジティブシンキングになっているので、『ああ、いいよいいよ』って快諾することが多いです。何より、酒の席や会食とは違い、“違法薬物を楽しむ秘密の共有感”がその繋がりをより強くしている印象ですね。まあ社交のアイテムといえば聞こえはいいかもしれないけど、結局はみんなジャンキー化しますよ。そうした仲間うちでの会話も『この前、○○で引いた(買うこと)ネタ、当たりだったよ』『○○の事務所、最近使えないの?(店ではなく、スタッフの事務所でキメることも多いとか)』とか、シラフのときのあの人たちの話、そればっかりですもん」 レディース バッグ ブランド メンズ バッグ 人気 ブランド 財布 人気 ベルト メンズ 人気 ライター スタージュエリー アイフォン ケース メンズ バッグ 人気 ヴィトン メンズ バッグ プラダメンズバッグ