立川談春

「サラリーマンの悲哀、中高年男の孤独をとてもうまく演じていて、グッときた」「久々にドラマで泣いた」といった声が相次いでいるのが、落語家の立川談春(49)。町工場で夢を諦めず、熱く働く男たちを描き大ヒット中のTBS日曜劇場「下町ロケット」での談春の役どころで、メーンバンクから出向している経理部長・殿村が中高年サラリーマンの共感を集めているのだ。 「銀行での出世レースに取り残され、出向先でも『結局ウチの人間じゃないんだろ』とあからさまに疎まれる。社員たちの悪口を背中で受け止めながら、居酒屋でひとり酒を飲むシーンなどが秀逸。うつになってもおかしくない境遇にありながら、阿部寛演じる社長の熱い志に共鳴すると、出向元への退路を自ら断って、資金繰りに奔走する。そして『お願いだからあきらめないでください』と社長に迫ったり、『この会社が好きなんです』と叫ぶ姿も、視聴者の中高年男性を奮い立たせているのでしょう」(スポーツ紙芸能デスク)  談春は、東京都出身。埼玉の県立高校を中退して故・立川談志に入門。1997年に真打ち昇進し、「最もチケットが取れない落語家」と言われる人気者だ。連ドラは2014年春のTBS「ルーズヴェルト・ゲーム」から、今作で2作目。役者としてはどうなのか。 「本人が志望しているかというと、そうでもないと思います。サラリーマンという役柄も、思い入れがあるというような話は聞かない。高座で普段、いろんなキャラクターを演じ分けているので、落語家という商売柄、さほど難しくはないのではないでしょうか。談春が演技で、周りの落語家より頭ひとつ抜けているということはないと思いますが バッグ 種類 louis vuitton 財布 2015 バッグ 財布 レディース ブランド バーバリー レディース レディース バッグ 人気 クリスチャンディオール miumiu バッグ セイコーウオッチ 時計 プレゼント