「仮面ライダー1号」西銘駿、両親から説教され「もっと藤岡弘、さんに近付きたい」

本日4月3日、仮面ライダー生誕45周年記念&「仮面ライダー1号」大ヒット御礼イベントがT・ジョイPRINCE品川にて開催され、舞台挨拶に藤岡弘、、西銘駿、山本涼介が登壇した。 藤岡弘、西銘駿 藤岡弘、 3月26日に公開された「仮面ライダー1号」は、藤岡が仮面ライダー1号 / 本郷猛役として44年ぶりに映画主演を果たす作品。本日4月3日は、1971年にシリーズ第1弾「仮面ライダー」のテレビ放送がスタートした日にあたり、キャストらは野外イベントの後に劇場内での舞台挨拶に登場した。 西銘駿 西銘駿西銘駿 藤岡は、「45年も経って同じ人物を演じるなんて、二度とないような出会いだと思う。私の歴史そのもの」と作品に懸ける思いを語る。本作の評判について話が及ぶと、西銘は沖縄に住む両親から「藤岡さんのような覇気のある変身をして、もっとライダー魂を持て」と説教されたことを明かす。「『仮面ライダーゴースト』の最終話までに、藤岡さんに近付けるようにがんばりたい」と話した。 さらに西銘が「この映画には藤岡さんの思いが込められている。2度、3度観ることでそれがだんだんわかってくるので、本作からぜひ勇気をもらってください」と観客へ伝えると、藤岡が大きな声で「勇気っていいねえ! 今の言葉、いいなあ!」と賛同。「どんなに苦しんでも、とにかくあきらめないで勇気を持って進んでいただきたい、これが切なるメッセージなんですよ!」と西銘の肩を叩き、かつてドラマ「仮面ライダー」でのバイク事故で大けがを負った自身について「恥ずかしながら、私は裸になるとサイボーグです。鍛えないと持たない身体です。でもそれを宿命だと思って鍛え続けている。前向きであきらめない姿勢を45年間で学びました」と語った。 山本涼介 山本涼介西銘駿 そして「仮面ライダー」に憧れて育ったという山本は「僕はライダーに対して強い思いを持って現場に挑んでいたんですが、内に留めておくタイプで。でも藤岡さんはすごく強い思いを持っていらして、それをスタッフさんやお客さんに伝えて巻き込んでいけるお方。そういうところを見習いたい」と藤岡に尊敬の眼差しを向ける。そんな彼らと共演した感想を、藤岡は「2人は私が演じているときも食い入るようにじっと見つめていた。素直ですごくいい青年たちだと思う。映像界に大切な俳優としてこれから立派に成長していくと思う」と笑顔で振り返る。そして「2人と話していると、共演者でよかったなと思うよ。僕みたいなボロボロのおやじでも、少しはみんなに影響を与えられるようになったかな、と」とはにかんだ。 仮面ライダー生誕45周年記念&「仮面ライダー1号」大ヒット御礼イベントの舞台挨拶の様子。 仮面ライダー生誕45周年記念&「仮面ライダー1号」大ヒット御礼イベントの舞台挨拶の様子。 最後に「仮面ライダー45周年の節目を迎え、今後どんなことに挑戦していきたいか?」と尋ねられた藤岡。「まだまだ、国境も民族も越えて世界に目を向けています!」と宣言し、「これからも俳優道を目指して、やっぱり苦を楽しむ! そういう気持ちで己磨きの旅を続け、ボロボロになっても前を向きながら一歩一歩生き抜いていこうと思っています」と意気込んだ。 西銘駿 オメガ 時計 ジーショック コーチ 時計 iwc ポルトギーゼ ニクソン時計 セイコー時計 citizen時計 gucci 時計 ロレックス