読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太芯シャープペンシル

芯の太さが0・7~2・0ミリ程度と従来よりも太い「太芯シャープペンシル」の商品が相次いで登場し、新たな文房具として注目を集めている。書き心地のよさが「まるで鉛筆みたい」と好評で、学習用に活用する小中学生や趣味のクロスワードパズル用などにする大人まで、世代を超えて愛用者が増え、用途も拡大している。 シャープペンシルは一般に0・5ミリが主流。これより芯が太いタイプは従来、製図の専門家向けなどに限定されていた。この太芯シャープペンシルを一般向けに開発した先駆け的な存在が、大手文具メーカー・コクヨだ。 太芯シャープペンシル  「鉛筆の正しい握り方を身につけさせたい」「授業中に分解して遊ばせない」などの理由でシャープペンシルを禁止している学校も多い中、「課題を解決できれば、学校でも使える」と開発に着手し、平成23年に「キャンパスジュニアペンシル」を発売した。芯の太さは0・9ミリと1・3ミリの2種類。  握る部分を鉛筆のような六角形とし、鉛筆より重くなりすぎないよう樹脂製の部品を使用。学校現場に配慮し、子供が簡単に分解できない構造にした。担当者は「鉛筆の使用感にこだわった」と話す。  ◆「削る手間」なく太芯シャープペンシル  発売したところ、たちまち「鉛筆のようで書きやすい」と話題になり、文具売り場に特設コーナーができるほどの人気を集めた。  芯が折れにくく、鉛筆のように削る手間やくずの処理も省けるため、子供だけでなく趣味のクロスワードパズルやデッサンなどに愛用する大人も急増。太芯シャープペンシル市場に他社からの参入もあり、価格帯は1本150~800円程度と選択肢が増えた。  大手文具メーカー・三菱鉛筆は、中高生の学習用に特化した「クルトガ スタンダードモデル」を販売している。  芯が徐々に回転することでとがり続け、芯の太さが片寄ることなく一定を保ち続けるのが特徴だ。  家庭や塾での勉強に使っている子供が多いことに着目。学習用の方眼ノートにも、大きな字で太さもバランスよく書けるように設計している。 太芯シャープペンシル スニーカー女子 レディース バッグ 人気ブランド スニーカー 人気 スニーカー2016 キッズ スニーカー 人気 腕時計 ブランド 一覧 メンズ財布人気 ネックレス プレゼント 流行 バッグ メンズ ベルト 人気