乾真大

乾真大 乾 真大(いぬい まさひろ、1988年12月8日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。 プロ入り前[編集] 小学3年時にソフトボールと軟式野球を始め、中学でも軟式野球部に所属した。 グエン・トラン・フォク・アンに憧れて東洋大学附属姫路高校に進み[1]、2年秋から主戦として活躍し、甲子園には1度出場(3年夏の第88回選手権大会)した。 その後東洋大学に進学し、大場翔太の投球に衝撃を受ける[1]。1年春からベンチ入りし、2年春には4勝を挙げてチームを3季連続優勝に導き、最優秀投手とベストナインを受賞した。世界選手権日本代表にも選出され、4年時にも日本代表に選出された。U-26 NPB選抜 対 大学日本代表にも出場し、1回無失点2奪三振と好投する。東都大学リーグ通算46試合に登板し10勝7敗、防御率2.80、179奪三振。 2010年10月28日のプロ野球ドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズから3位指名を受け、同年11月20日に契約金6500万円、年俸900万円で契約した(金額は推定)。 プロ入り後[編集] 2011年4月下旬に一軍登録されたが、出場機会が無いまま降格した。シーズン終盤に再び登録され、敗戦処理として中継ぎで5試合に出場した[2]。防御率こそ良くはなかったが、投球回数8回で9個の奪三振を奪った。 2012年は登板機会がさらに増加し、5月28日の読売ジャイアンツ戦でプロ初勝利を挙げた。高い奪三振率をマークした一方で、前年同様防御率に課題を残した。 2013年は開幕一軍入りしたが不調ですぐ二軍落ちしてしまい、その後は一軍と二軍を行き来し、最終的には19試合の出場で防御率6.04に終わる。 2014年はシーズン初登板で2失点と結果を残せず二軍暮らしが続き、プロ入り最少となる1試合の登板に終わる。 2016年4月11日、大累進との交換トレードで読売ジャイアンツへの移籍が発表され、背番号は大累が着けていた60をそのまま着けることになった。 選手としての特徴[編集] 最速146km/hの速球と縦横のスライダー、カーブを投げ分ける[1]。大学通算の奪三振率は9.76と高く、2011年はファームで奪三振率11.08を記録した。縦のスライダーは2年時の世界大学野球選手権で覚えて以来、三振を奪う最大の武器となっている[1]。 日本代表では主にリリーフとして登板しているため、リリーフにも苦手意識はないという[1]。 速球のキレを課題として挙げており、和田毅の速球を目標にしている[1]。 人物[編集] 井上雄介は日本代表メンバーで最も凄かった投手に乾の名を挙げ、「一緒にキャッチボールしていて怖かった」と語った[3]。 理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が球団とコラボして、2007年より毎年の最新ヘアデザインのモデルを若手選手の中よりファン投票にて選出している企画「ファイターズスタイル」の2014年度モデルに選ばれた[4]。 スニーカー女子 レディース バッグ 人気ブランド スニーカー 人気 スニーカー2016 キッズ スニーカー 人気 腕時計 ブランド 一覧 メンズ財布人気 ネックレス プレゼント 流行 バッグ メンズ ベルト 人気