遺体ホテル、献体――加速する「多死社会」の現実

いま、葬儀が希望の時間にできないために、何日も待たされる“葬儀難民”が増えている。都内の葬儀会社アーバンフューネスによれば、昼の時間帯に告別式・火葬を望む場合、斎場が1週間以上先まで埋まっていてすぐに葬式が出せないケースが増えているという。 厚生労働省によると、現在、1年間の死亡者数は約130万人。団塊の世代が80歳代を迎える2030年には160万人に達するとされる。世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本は、未体験の“多死社会”へと向かっている。 遺体ホテル whitehouse cox レッドウイング ベックマン ウエスコ ブーツ spring court グレゴリー バッグ 吉田カバン porter ヌーディー トリッカーズ バートン アシックスウォーキング ブレディ バッグ