読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水森亜土

水森 亜土(みずもり あど、1939年12月23日 - )は、日本のイラストレーター、歌手、 女優、画家、作家。「劇団未来劇場」所属。愛称は「あどちゃん」「あどタン」。夫は「劇団 未来劇場」の主宰者である里吉しげみ。 経歴[編集]水森亜土 東京府東京市日本橋区(現:東京都中央区日本橋)出身。桜蔭中学校・高等学校を経てハワイのモロカイハイスクールに遊学し、英語とジャズに触れる。1970年代にNHKのテレビ番組「たのしいきょうしつ」で、透明なアクリルボードに歌いながら両手で同時にイラストを描くパフォーマンスでブレイクし話題になる。猫のキャラクターやカップルがキスしているイラストを得意とする。アニメ「ひみつのアッコちゃん」のエンディング「すきすきソング」で注目され「Dr.スランプ アラレちゃん」のオープニング・エンディングなど、かわいらしい歌などには積極的に参加している。 その後、「劇団未来劇場」では、看板女優として、役者の他に文字通り看板(ポスターやチラシ)のイラストを担当。女優業や童謡・アニメソングの歌手、声優、ジャズシンガーなどとして活動を続ける。現在も、ソニー・クリエイティブプロダクツをはじめ各社から亜土ちゃんグッズが多数発売されており、また王子ネピアの紙おむつ「ドレミ」やフェザー安全剃刀の女性向け剃刀「マーメイド」等の商品や広告でもマスコットキャラクターとしてイラストが使用されている。 2004年にナムコから発売されたPlayStation 2用ゲームソフトのヒット作『塊魂』のサウンドトラックに参加。ゲーム中で使用される挿入歌『真っ赤なバラとジントニック』でボーカルを務める。 エピソード[編集] 一時期、タレントの関根勤が水森の物まねをレパートリーとしてよく披露しており、「笑っていいとも!」では関根が水森のコスプレをしてクイズを出題するコーナーまであった。水森はこの物まねに対して理解を示し、関根と共演したこともあった。 水森は麻雀を嗜む。よく卓を交えたのはアナウンサーの小島一慶や漫画家の福地泡介であり、福地の著書の中には水森の麻雀の打ち筋を描写した一節もある。 得意とする猫のキャラクターの名前は「ミータン」である。水森亜土 カップルが唇を寄せている絵は、本当はキスをしている訳ではなくいつも微妙にずれている。それは水森が、他人が人前でイチャイチャするのを見るのがあまり好きではないからである。 スニーカー女子 レディース バッグ 人気ブランド スニーカー 人気 スニーカー2016 キッズ スニーカー 人気 腕時計 ブランド 一覧 メンズ財布人気 ネックレス プレゼント 流行 バッグ メンズ ベルト 人気