読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日銀審議委員に政井貴子氏を政府提示-新生銀初の女性執行役員

政府は19日、日本銀行政策委員会の審議委員に新生銀行執行役員の政井貴子氏 を起用する人事案を、衆参両院の議院運営委員会理事会に提示した。6月29日任期満了の石田浩二氏の後任。国会の同意を経て任命される。任期は5年。議院運営委の資料で分かった。   政府の資料によると、政井氏は1988年に実践女子大文学を卒業、同年11月にノバスコシア銀行東京支店に入行。その後、07年に法政大学大学院経営学研究科修士課程を修了した。新生銀のウェブサイトによると、トロントドミニオン銀行資本市場部アソシエイトディレクター、クレディアグリコル銀行金融商品営業部長を歴任の後、07 年5月に新生銀に入行。キャピタルマーケッツ部長、市場営業部長などを経て、13 年4月に同行初の女性執行役員に就任した。現在51歳。   3月31日で退任した白井さゆり氏の後任には、マネーの量を増やせば緩やかな物価上昇が実現すると主張するリフレ派の桜井真サクライ・アソシエイト国際金融研究センター代表が就任している。白井氏の前任、前々任は女性だった。   4日付の日経新聞朝刊は、白井氏の後任に政井氏が起用されると報じたが、実際に提示されたのは桜井氏だった。政井氏の提示が国会で同意されれば、男性だけになっていた政策委員会に女性が再び戻ることになる。政井氏は現在51歳。   クレディ・スイス証券の白川浩道チーフエコノミストは金融政策に関しては、「どちらかというと、ハト派とタカ派の真ん中あたり、中間派ではないか。特に色があるとは思っていない」と指摘。「国際金融や為替に明るい方を、日銀としても審議委員として受け入れることは、為替、国際市場が非常に気になっているということの現れだと思う」としている。 女性も自然体に政井貴子   政井氏は昨年3月、女性の活躍をテーマにしたインタビューで、人口減少に直面している日本の経済状況について、物価を早く上げる必要があり、「成長も速めなければならない、借金も早く返さなければならない」と指摘した。   その上で、女性の活躍推進というのは「ともすれば子供を産み、さらに馬車馬のように働けということのように受け止められてもおかしくないぐらいの強烈なメッセージだが、本来的には女性も自然体でやっていけるように社会も変わるべきなのだ、ということだと思う」と語っていた。   日銀最高意思決定機関である政策委員会の定員は正副総裁3人と審議委員6人の計9人。日銀は1月29日の金融政策決定会合でマイナス金利による追加緩和を5対4の賛成多数で決めた。この時に石田氏は反対したうちの1人。他に反対したのは白井氏、木内登英、佐藤健裕両委員だった。 「執行部寄り」か   スキューバダイビングも楽しむ政井氏は、公務では水面下にある金利政策に関する議論、決定に参加する立場になる。ドイツ証券の山下周チーフ金利ストラテジストは政井氏について「基本的に現在の執行部寄りのスタンスを取るだろう。就任後の7月以降に追加緩和が提案されれば賛成するだろう」とみている。   黒田東彦総裁は13日、米コロンビア大学での講演後に行った質疑応答で、「マイナス金利の導入が裏目に出たとか、円高・日本株安を引き起こしたとは思っていない」と主張、「それどころか、マイナス金利付きの質的・量的金融緩和(QQE)を導入していなかったら、日本の金融市場は一層悪くなっていただろう」と語っている。   政策委では昨年6月に退任した森本宜久審議委員の後任にトヨタ自動車相談役の布野幸利氏、昨年3月に退任した宮尾龍蔵前審議委員の後任にリフレ派エコノミストの原田泰元早稲田大学教授がそれぞれ就任している。原田、布野両委員と黒田総裁、岩田規久男、中曽宏両副総裁がマイナス金利に賛成した。 政井貴子 オメガ 時計 ジーショック コーチ 時計 iwc ポルトギーゼ ニクソン時計 セイコー時計 citizen時計 gucci 時計 ロレックス